習志野市谷津のアイエムきくち歯科

むし歯の治療

むし歯はいったんできたら自然には治らない、だから早期発見早期治療というのが今までの常識でした
研究が進むにつれて以下のことがわかってきました
@歯の表面のカルシウムがわずかに溶け出した状態(CO)なら再石灰化する
Aわずかに溶け出した状態は肉眼で見えないあるいは歯の表面が白くなる
B穴があいてない(実質欠損)状態では再石灰化して治る可能性がある
C明らかに穴があいている状態は再石灰化は望めない
DCO(C=caries O(オー)=Observation)の診断では注意深く予防処置が必要

歯に肉眼で見える穴あるいは探針で実質欠損があった場合は自然治癒はしないので以下のような治療方法によって早期に治療する必要があります

むし歯の程度と治療方法


コンポジットレジン

前歯や付け根の治療に使われるプラスチック製の詰め物
歯を必要以上に削ることがなく体に優しい
最近は色調も強度も改善された

メタル・セラミックスインレー

いわゆる詰め物
歯と歯の間の虫歯の治療に使われる
金属では保険治療での金銀パラジウム合金
ゴールドインレーなどがある
歯と同じ色のセラミックスインレーあるいはハイブリッドインレーがあり歯とほぼ同じ色にできる

クラウン(被せ物)

神経をとった歯、大きく欠けた歯は冠を被せて治療する
メタルクラウン
ハイブリッドセラミックスクラウン
メタルボンドクラウン
オールセラミックスクラウン
などがある