習志野市谷津のアイエムきくち歯科

睡眠時無呼吸症候群と歯科治療


睡眠時無呼吸症候群とは
一晩(7時間)の睡眠中に10秒以上の無呼吸が30回以上おこる。
または、睡眠1時間あたりの無呼吸数や低呼吸数が5回以上おこる

 厚生省では睡眠1時間あたりの低呼吸数が20回以上おこる場合では、5年後の生存は84%5年後の死亡率は16%)と報告しています。

 睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)は、睡眠中に呼吸が止まった状態(無呼吸)が断続的に繰り返される病気です。その結果十分に睡眠がとれず、日中の眠気、集中力、活力に欠ける、居眠りがちになる、居眠り運転で事故や重大事故などを起こしやすくなります。

 治療をせずに放置しておくと生命に危険が及ぶ場合もあります。よって適正な症状分析と診断、治療、
予防などの対策が必要になります。眠っている間に呼吸が数十回、ときには数百回と止まるようであれば、
体内の酸素不足が深刻になってくるでしょう。

 酸素不足がおこれば「寝苦しい」「息苦しい」などの症状が現れ、睡眠不足がおこります。また酸素不足は
循環機能に負担をかけ、不整脈、高血圧、心不全、糖尿病が現れ事故や突然死などで生存率が低くなるな
ど無呼吸症候群には様々な問題がでてきます。

 そこで睡眠時の酸素不足を補うために治療が必要となります。

睡眠時無呼吸症候群の発見

@大きないびき
A急にとまるいびき(非常に危険です)
A日中に急に襲う眠気
B睡眠中の激しい体の動き
D朝の頭痛
E夜間の頻尿、多尿


実際の治療

診断:専門医で診断を受ける 

治療法  ポリソムノグラフィー(PSG)で睡眠時の無呼吸を検査

1.生活習慣の改善

減量
肥満している方は減量を試みましょう。減量を行うことで、無呼吸状態が改善することがあります。

飲酒の制限
アルコールは気道の筋力を低下させます。ますます無呼吸を悪化させることになりますので、就寝前の飲酒はやめましょう。

精神安定剤の服用の制限
一部の精神安定剤や睡眠薬はかえって無呼吸を悪化させるものがあります。現在、これらのお薬を服用されている方は、初診時に持参いただき医師にご相談ください。

禁煙
血液中の酸素の濃度を低下させたり、喉や気道の炎症を引き起こすことがあります。
禁煙をお薦めします。

2.治療法

症状の程度にもよりますが、大きく分けると治療は3つに分類されます。

内科的治療(CPAP療法)

世界中でSASに対して効果が立証されている治療法がCPAP(Continuous Positive Airway Pressure)療法です。イラストにもあるように鼻マスクを装着して、鼻から気道に空気を送り込む療法です。いわば、送り込まれた空気が塞がってしまう気道を支える添え木の役割をするわけです。もちろん、このCPAP装置は夜間寝ているときのみ使用します。空気を送り込む圧力は患者さんの閉塞の度合いによって異なります。検査とは別にもう一日、圧力決定の検査を行います。検査にはポリソムノグラフィーとCPAPを装着します
検査後、患者さんに適切な圧力値をCPAP装置にインプットして、お持ち帰りいただき、ご自宅で睡眠中にお使いいただきます。

マスクは毎日顔につけるものですし、CPAP装置は空気を取り込んで送り出す装置です。
きれいに使うことで快適に治療が行えます。適切なお手入れをしましょう。

歯科でのスリープスプリント
下顎を突き出すように上顎と固定したマウスピースです。オーダーメイドで作製します。
重症のOSASにはあまり効果がないと言われています。
平成16年度から保険診療が可能になりました。

当院では東京歯科大学市川病院または近隣の耳鼻科に紹介してまず睡眠時無呼吸症候群の診断後スリープスプリントを製作いたします。
お気軽にご相談ださい。

耳鼻咽喉科的手術
扁桃や口蓋垂(のどちんこ)が大きいなどの原因でSASになっている場合は外科摘出をすることでSASが
改善されることがあります。SASの手術に熟練した耳鼻咽喉科医にお願いすることが大切です。


無呼吸による大事故

本人の自覚症状がなく、昼間の急な眠気で交通事故を起したり転倒する危険が増大します
また無呼吸によって心肥大になり心不全や心筋梗塞など生命にかかわる事態にもなりかねません
当院では、耳鼻科と連携して歯科分野の治療に取り組んでいます