習志野市谷津のアイエムきくち歯科

歯周病治療の実際



歯周病治療は長期にわたる

歯周病治療はまず、ブラッシングができてからが基本です
ブラッシングができないうちに歯石をとってもそれは全く無意味です
ブラッシングがしっかりできるようになるためには「動機付け」つまり何故歯を磨かなければならないのかということを理解する必要があります

そのためにはまず、自分のブラッシングの方法が正しいのかどうなのか、そして検査を受け、今自分がどの程度の歯周病にかかっているのか、将来的にどのような経過を辿るのかをしっかり知る必要があります

まずカウンセリングからはじめましょう

禁煙しましょう

タバコの害は肺や気管支の病気になるのは知られていますが実は歯周病にも著しく悪影響を与えます
タバコの中の含まれる成分が血管を収縮させ歯肉の血流を阻害します
細菌が繁殖しても抵抗する白血球が出てこられないのでほとんど自覚症状がないうちに骨が溶けていって歯が抜けてきます

喫煙の影響 双子の姉妹 左が喫煙者
皮膚が貧血起すのでしわができやすくなります